妊娠したい方の妊活と不妊症の原因について

そもそも不妊症の原因とはどのようなものが有るのでしょうか

 

不妊クリニック受診

 

最近は、不妊症で悩む夫婦も多いようですが、結婚して子供を望んでいて正常な夫婦生活を営んでいるのに2年以上妊娠しない状態の事を不妊症といい、この不妊症は20歳〜45歳の間の夫婦の約15%を占めているそうです。

 

不妊症は女性側、男性側それぞれに原因がある事だけでなく、原因不明での不妊症もあるようです。

 

女性の場合は、排卵障害や卵管が詰まる、卵管と卵巣の癒着、子宮の発育不全、子宮内膜の異常、ホルモン異常などの原因があげられます。

 

男性の場合は、造精機能障害として精子減少症、乏精子症、精子無力症、無精子症、その他、性交障害、勃起障害、精管通過障害が不妊の原因としてあげられます。

 

男性、女性共に不妊症の原因は様々です。これらの原因が1つでも当てはまり妊娠できない場合や、原因が重なり絡み合うことで妊娠できない事もあります。

 

子供を望んでいても、なかなか妊娠出来ない場合などは、早めに夫婦揃って産婦人科を受診される事をお勧めします。
夫婦揃って受診する事で、不妊の原因を早く突き止められ、原因がわかれば治療もすぐに始める事ができるのです。

 

妊娠を希望される方は葉酸の摂取が大切です。
妊活と妊娠に大切な葉酸効果

 

現在ストレス社会として大きく問題としてとりあげられるようになってきています。このストレスは不妊と大きく関わってきます。
このストレスによる不妊は女性だけでなく男性不妊の原因としても多くなっています。

 

その他にも乏精子症、精子無力症、精液減少症などの男性不妊の原因があげられます。

 

これらの男性不妊の治療に漢方薬がよく使用されています。精子の数や運動率の改善作用があるのが補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、人参栄養湯(にんじんえいようとう)などがありますが、この漢方薬も体質や症状によって使い分けられます。なぜなら、誰にでも同じ漢方が効くというわけではないからです。

 

どのような症状でもそうですが、漢方薬により男性不妊を治療してみようと思う方は、漢方を専門で扱っている漢方薬局で自分にあった漢方を処方してもらのがいいです。

 

男性は精液検査などでも検査に対して不安や緊張などで結果も変化します。

 

またタバコの吸い過ぎや二日酔い、ストレス、睡眠不足などによっても精液が減少するなどデリケートな部分もあるので、このようなストレスなどにより体調変化しやすい身体の体質改善に漢方を試してみるのも不妊治療の一環といえますね。

妊活から病院で診察を受けるまでの目安

  • 29歳以下の場合18ヶ月
  • 30歳から34歳の場合12ヶ月
  • 35歳以上6ヶ月

この期間妊活しても、妊娠の兆候がない場合には「不妊専門クリニック」の受診をお勧めします。