不妊とストレス

妊娠しなきゃと思いつめてることがストレスになっていませんか?

悩む女性

人間には、ストレスという心理的な圧迫が非常に強く身体に作用すると言われています。

 

専門家ではありませんから、そのあたりの詳しいメカニズムは説明できませんが、昔から一晩で白髪になったなどというストレスについての表現は有りました。

 

不妊症というか、なかなか赤ちゃんに恵まれず、そのことで親戚や友人から「まだなの?」なんて聞かれると焦ってしまい。
その焦りがストレスとなるようです。

 

焦りは、ストレスとして体に影響を与えますし、基礎体温を図りながらパートナーに行為を求めてしまいます。
男性としても、そのような義務感からの行為はストレス以外の何物でもありません。

 

妊娠しなくても自分の人生はマイナスではないと思えることがストレスから逃れられるのではないでしょうか
妊活の体験談を読んでいると、どうしても妊娠せずに不妊治療を行い、それでもダメだったので諦めました
そしたら赤ちゃんを妊娠したんですという記事を見かけます。

 

かなりストレスの影響があったのではないでしょうか
そう考えさせられてしまいます。

 

赤ちゃんは、天からの授かりものという風に考えて気持ちを楽にすることと
体に良い食事を摂ること、軽くでも運動すること、家庭で楽しく笑うことが1番の近道のように思えます。

 

ご夫婦で食生活と運動をして出来るだけ、妊娠というストレスから開放されることが望ましいと思います。

 

私の友人に二人目不妊の人がいました。
二人目を望んでいたのですが、家庭にストレスになる事がありました
一人目の子供さんの病気です。

 

一人目の子供さんの病気が完治した途端 なんと15年ぶりに妊娠しました。
話を聞いたら、もう出来ないと諦めていたそうですが、ストレスから開放されたことが原因ではないかと二人で話しました。

 

何事もあまり気にやまずに前向きが良い結果を生むと思います。